ボイラーのマンホールの取り付け方、正しいのはどっち?

ボイラーのマンホールの取り付け方、正しいのはどっち?

合格率を高めたいなら

※「ボイラー」で検索

 

お疲れ様です。
この記事ではボイラーのマンホールの取り付け方について説明します。

 

わたしはボイラーの胴における周継手・長手継手について理解が不足していたため、ボイラーのマンホールに関する問題を取りこぼしました(>_<)

 

周継手・長手継手について理解していれば簡単な問題です。この記事をご覧の皆さんには確実に正解を選択してほしいと思います。

 

周継手・長手継手についてはこちらの記事もご参照ください。
ボイラーの長手継手・周継手とは?

 

スポンサーリンク

ボイラーにおけるマンホール

マンホールとはメンテナンスを目的にボイラーの停止時に内部にアクセスする為の開口部のことです。強度の面から形は一般的に楕円形にします。

 

次の図をご覧ください。ボイラーの製作にあたりマンホールを設置しようと思います。どちらが正しいでしょうか?

 

【図A】

【図B】
 
思い出してみましょう。
内部に圧力が掛かると周方向は長手方向の2倍の応力が掛かります。
 
周方向の応力に対抗するのが長手継手であり、長手継手と並行するマンホールの開口幅を短くします。

 

 

そうです。正解は図Bです。
 
文章だけだと少しややこしいので、図Bをそのまんま覚えておけば試験でも大丈夫です。

 

周継手・長手継手についてはこちらの記事もご参照ください。
ボイラーの長手継手・周継手とは?

合格率を高めたいなら

※「ボイラー」で検索

+++この記事をSNSでシェアする+++  
スポンサーリンク


<こちらの記事も読まれています>

2級ボイラー技士 記事一覧

乙4 記事一覧

第1種衛生管理者 記事一覧